2008年11月23日

高校生、大学生の大麻事件

ニュースでは

北海道の高校生が大麻を所持していたと報じられいました。

大学生、早稲田大学、慶応大学生 が大麻を吸い、また、

室内で、育てていたという風に報道されていました。




北海道には、明治の初めに北海道に移住した人達が、繊維を必

要とし、魚網や、ロープを作るために、開拓使が栽培や製造の方法を伝

習する等して、大いに大麻の栽培を奨励したという歴史があるようで

す。




屯田兵が、各地にこの大麻を植えて、国策の会社がこれで布を織り

販売していたとう歴史があるようです。


後に、これより、柔らかい繊維となる亜麻のほうが、主流となり、

大麻の畑は潰されていったようですが、この大麻の種子が飛んで

いって、野生の大麻が広がっていったのでしょう。




遠くから、この野生の大麻を採取にくるというニュースも

以前はみかけていましたが、この大麻を高校生が学校の校内で

売買していたという事に、ただただ驚いています。




大して体に害はないと思い、軽い気持ちと若者の好奇心から

吸ってみたいと思ったのでしょうか。




若い人達にもっともっと体への害を知らせるようにしなければ

ならないのでしょうね。



国策で、その時は、良かれとしたことが、何十年も先にこんな風に

悪い形で、現れる事があるのだな〜という思いで、書いて

みました。



今の時代に置き換えてみると、年金の問題、健康保険の問題

その時は良い政策だったのでしょうが、やはり何十年もたつと

いろんなひずみが出てきているようです。




日本の総理は、この国をどう導いていくのか、ちっとも

みえて来ないように思いますが、



私たちは、毎日の生活が、平和で、普通に暮らしていければ

と願っています。



それでは、今日はこの辺で

ポチしてね 人気のブログランキングの画像2.gif










posted by hukky at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。